空想科学的雑記帳

メカやらトミカやらペーパークラフトやら。

トミカ・日産ノート

初代の日産ノートE-11型。

f:id:papertoybox:20180222215403j:plain

ノートe-Powerモデルとかで有名になった現行二代目E-12型より、リア周りがカクカクしてます。
f:id:papertoybox:20180222213452j:plain
後方に行くにしたがって少し下がるルーフと、そこにちょこんと立ち上がるコンビネーションランプも、うまく再現されてます。

f:id:papertoybox:20180222213514j:plain
このノートは、手塗りのカスタムペイント。うちの愛車の再現です。
日産純正のタッチアップペイントで塗っているので、まさに「純正色」です。

 

トミカ版は、E-11の後期型で2009年7月発売。
f:id:papertoybox:20180222225429j:plain
f:id:papertoybox:20180222213549j:plainf:id:papertoybox:20180222213539j:plainf:id:papertoybox:20180222213527j:plain

実車でのE-11前期型と後期型の一番の違いは、フロントグリル周り。
前期型はボンネット/バンパーの2ピース同一色に対して、後期型はシルバーグレーの別パーツ。トミカでもグリル部分はうまく再現されています。

先の我が家版ノートは、リペイントだけでフロント造作変えは手抜き省略。
f:id:papertoybox:20180222213431j:plain

 

さてこのトミカ・ノートは裏面に特徴あり。
シリーズNoの「No.22」が刻印でなく印刷です。

f:id:papertoybox:20180222213616j:plain

これは、そもそもこのトミカの生い立ちに関係ありそうです。

 

No22ノートが発売されるより10か月前の2008年9月、レスキューフォースというキャラクターシリーズのラインナップとしてノートが初立体化となりました。
当時、既にE-11前期型の実車が出てから3年も経っていたので「ノートはこのままノーマルトミカにはならないんじゃないか?」との心配から、あわててこの「コアサーチ」版を入手したのでした。
f:id:papertoybox:20180222213631j:plain

ブリスターパックでよく見えませんが、底面には
「TOMICA NISSAN NOTE 2008」の刻印がありますが、No刻印はありません。

f:id:papertoybox:20180222214227j:plain

ノーマルトミカのラインナップからキャラクター化された場合は、底面には元のNoが残っていたりしますが、このノートのケースでは、後からNoが決まったのでしょう。

 

 

前に乗っていた車たちはプラモにもトミカにもならなかったので、前期後期の差はあれどE-11ノートがトミカになったのはうれしい限り。

 

 

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

 

 

 

広告を非表示にする