空想科学的雑記帳

メカやらトミカやらペーパークラフトやら。

Windowsの音楽ソフト

久々に.wav形式の音楽ファイルを再生したら「Grooveミュージック」が立ち上がってきた。

f:id:papertoybox:20180421164512p:plain

普段使いのWindowsMediaPlayer12から、いつの間にか.wavの関連付けが標準のGrooveミュージックに戻されていた模様。

 

Grooveミュージック、Windows10の導入当初に「ゴミソフト」の烙印と共に隠ぺいしていたのだが、少しはマシになったのだろうか。
ちょっといじってみる。

最初に、設定の確認。
f:id:papertoybox:20180421164712p:plain

メディア情報が「自動取得」になったままだと、WindowsMediaPlayerのライブラリ(+mp3ファイルのタグ情報)がぐちゃぐちゃに上書き更新されてしまう。
初期導入時はこれで泣いた。

 

Grooveミュージックに取り込まれたアルバム情報。なぜか1枚のアルバムが2つに分割される不具合。1曲だったり半数だったりが、別物扱いで2枚のアルバムになる。
出だしからやらかしてくれます。

f:id:papertoybox:20180421165632p:plain

この2つに分かれたアルバム、1つに統合する方法が無い。
唯一の方法は、削除して再登録。うまく1つに治る場合もある。
この「削除」も、mp3ファイルそのものをいきなり消してくれるので気を付けて。
(MediaPlayerは、登録情報削除か、ファイルも一緒に削除か、の選択)

まぁこのくらいは広い心で目をつぶってあげても良いのだけど、許せないのがアーチスト情報。
「アーチスト名」で表示すると、収容アーチストが一覧で出るのだが、
当然ちゃんと出ない。

f:id:papertoybox:20180421171559p:plain
ほとんど何も出ないのは諦めよう。けどジョンレノンを名乗るこのガキは誰だぃ?

 

f:id:papertoybox:20180421171311p:plain
このEXILEおじさんは誰? きっとファンならキ~ッとなるに違いない。

 

マライアキャリーも出んのだな。綴り間違ってないよな?
f:id:papertoybox:20180421173036p:plain

MISIAは恐ろしいことになっている。
MALTAはこっちのおっさんの方が正解なんだけどなぁ。
f:id:papertoybox:20180421172508p:plain

 

日本人は全滅かというと、そうでもない。

f:id:papertoybox:20180421172707p:plain

f:id:papertoybox:20180421172728p:plain
さすが世界的アーチスト!

Perfumeや、きゃりーちゃんも出ます。

f:id:papertoybox:20180421173331p:plain
f:id:papertoybox:20180421173357p:plain

 

微妙におしいのもある。

f:id:papertoybox:20180421173625p:plain
こっちのスクエアはまぁ正解。

f:id:papertoybox:20180421173711p:plain
こっちのスクエアはハズレ。メンバーチェンジ前の写真で是非(>_<)

 

 

英語綴りの「THE VENTURES」では写真出ない。
f:id:papertoybox:20180421185145p:plain

カタカナ綴りのベンチャーズ
f:id:papertoybox:20180421174550p:plain
いつからメンバー増えたんだょ。
正解はこちら。

f:id:papertoybox:20180421174917p:plain 

 

この一覧の画像は、勝手にどっかのDBから持ってくるらしく、間違っていても直せない。
差し替えも不可。


でもって、この間違い画像が直せないのはかなりイラっと来る。


例えば、80年台前後に活躍した「Blondie

f:id:papertoybox:20180421175735p:plain

Grooveミュージックでは別人になる。誰だこれ?

f:id:papertoybox:20180421175630p:plain
で、まず詳細画面。
f:id:papertoybox:20180421180051p:plain
これだけでも十分イヤなのだが、
これが再生画面の背景にどーんと出るんだ。

 

f:id:papertoybox:20180421180207p:plain
全画面だと、画面いっぱいにこんな感じ。

先の「EXILE」だと、こんなことになる。

f:id:papertoybox:20180421180517p:plain

これは勘弁だ。
このアーチスト画像を背景にするのは、さすがにOFFできるようで、

f:id:papertoybox:20180421180929p:plain

OFFにすると、背景にはそのアルバムアートがぼんやりと表示される。
なぜくっきりではないのか理解不能

 

とにかく、誤り情報を正す方法がないのが、最悪。
「ゴミソフト」の烙印2度押しで、さようなら~

 

さて、なぜその他のFreeSoftに勝手の良いものがあるのに WindowsMediaPlayer を使い続けているか。理由はいくつかあって、

  1. WALKMANへ転送(同期)が必要。
  2. SONY謹製のソフトはいまいち。
    パソコン共用していた子供と、親子別々のライブラリを別々のWALKMANに同期させたいのだけれど、「x-アプリ」ではPC1台にライブラリ1つ。
    Media Go」が、全体に出来が悪く、x-アプリと比較にもならずゴミ箱行き。
  3. ライブラリが壊れても復旧簡単
    実はMediaPlayerはこれがダメ。ライブラリの管理情報をバックアップはできない。仕方ないので、情報はアルバムアートも含め全部mp3ファイルのタグにして各ファイルに書き込み。ライブラリの管理情報が壊れたら、mp3ファイルから再構成(ライブラリに再登録)するだけ。
  4. 2台のPCで、ライブラリを共有したい。
    これは、3.のMP3タグ化で、ファイルコピーするだけでOK。MP3ファイルのバックアップ兼ねて差分copyしてます。
  5. iTunesが大嫌い。
    基本的にアンチりんご教だけど、それを除いてもiTunesのI/Fは好きになれない。
    iTunesiCloud無しでiPhone使うのは大変なんだけど何とかしてます。

 

この辺を解決するには、今のところWindowsMediaPlayerが都合がよい。

f:id:papertoybox:20180421190202p:plain

 

いつまでサポートされるんだろうか、心配です。